脳卒中後遺症

脳卒中により左側を見落す!高次脳機能障害(半側空間無視)の自宅でできるリハビリ

今回は脳の右半球の病気により、左側の認識が難しくなる半側空間無視の評価とリハビリ方法についてまとめてみます。

半側空間無視について

半側空間無視とは視力の問題とは別に片方の空間の認識ができなくなることです。

主には右側の脳の出血や梗塞によって左側の認識が難しくなることが多く、左半身の麻痺を伴うことも多いです。

判定は模写試験や線分二等分、抹消試験などで左側の見落としがないかを評価します。

一緒に起こりやすい症状

①プッシャー症候群

傾いた体を真っ直ぐにしようとすると、麻痺している方へ押し返す現象です。

②身体失認

体の半分を自分のものとして認識できなくなります。

③着衣失行

衣服を上手く着ることができなくなります。

日常生活での問題

  • 食事の際に左側を見落とす。
  • 左足を車椅子のフットレストに乗せない。
  • 車椅子の左のブレーキをかけ忘れる。
  • 移動時に左側の人やものにぶつかる。
  • 左の通路を見落とす。
  • 更衣では右半分しか着ない。
  • トイレではトイレットペーパーや水洗ボタンが左にあると分からない。
  • 左からの声掛けに反応しない。



自宅でできるリハビリ

日常生活において

無視がない側から話しかける

苦手な方向から話をすると脳が疲労しやすくストレスにもなります。

楽な位置で相手と向き合い話に集中できるようにして下さい。

食事場面での工夫

食器は認識しやすい場所に置きますが、認識しやすい場所においても食器の半分を見落とすことがあります。

食器の数、形状などを把握しやすいものにして食事に集中できるようにします。

自主トレーニング

苦手な方向へ注意を促すことはストレスが強く脳の働きを抑制する可能性があります。

自ら周りに注意が向くようになるため、認識が拡大することよりもまずは注意が持続することを重視します。

紙コップを積む

認識できる位置で紙コップを連続して重ねます。

紙コップを重ねることができたら、次はピラミッド状に積み重ねていきます。

注意が拡大するに連れてピラミッドが大きくなります。

書字や模写

認識できる位置で名前などの書字や簡単な図形の模写を行います。

脳卒中によりコミュニケーションが難しくなる!高次脳機能障害(失語症)の自宅でできるリハビリ脳卒中の後遺症により言葉を話したり聞いたりすることが難しくなる失語症のリハビリについてお伝えします。失語症とは脳の左半球の病気によって起こる高次脳機能障害の一つです。言葉を話す直接的な練習はストレスが多いので楽しみながらリハビリができればと思います。...

まとめ

脳卒中後遺症で多い半側空間無視の評価とリハビリ方法について簡単にまとめてみました。

トレーニングは本人の興味がある課題が継続・集中しやすいので、本人に選んでもらいましょう。

もっといろいろなトレーニングを知りたい方のために、おすすめの書籍も紹介しておきます。

関連記事