脳血管疾患

脳卒中片麻痺(体幹)の自宅でできるリハビリ

オガワ
オガワ
今回は麻痺がある方の体の動きや姿勢がなるべく効率よく改善できるように病態を踏まえてアドバイスできたらと思います。



片麻痺(体幹)について

片麻痺の回復は表面のアウターマッスルからはじまり、回復するにつれて中にあるインナーマッスルが働くようになります。

はじめに動かしやすくなるアウターマッスルとは反射が起こりやすい筋肉(神経伝達が速い筋肉)です。

反射が起こりやすい筋肉は意図的に力を入れやすい反面、力の加減が難しいという特性もあります。

そのためアウターマッスルを使った運動ばかりをしていると手足の震え、突っ張り、痛みの原因になります。

インナーマッスルが働くことで力の加減ができるようになりますが、そのためには関節が動く感覚をしっかり脳に伝えることが重要とされています。

図のように片麻痺の回復は通常の筋力UPとは異なりますので、状態に応じた運動が必要です。

状態の把握

体幹の主要な筋肉を姿勢保持筋と言い、左右の体の筋力や感覚が非対称なほど姿勢が崩れます。

体幹の筋力の評価は、目印となるポイントをつなぎ合わせて姿勢の対称性を確認することで行います。

①正面の目印

  • 両肩の高さ
  • へそ

②横の目印

  • 耳たぶ
  • 肩の中心
  • 股関節の出っ張った部分
  • 膝の皿の後ろ
  • くるぶしの5㎝前

③後ろの目印

  • 頭の傾き
  • 両肩の高さ
  • お尻の中心

フューゲルマイヤーという片麻痺評価のバランス項目をご紹介します。7項目を14点満点で評価します。

①支持無しでの座位 

  • 0:支持無しで座れない、(背もたれやベルトが必要)
  • 1:短い時間であれば可能(椅座位)
  • 2:支持無しで少なくとも5分座位が可能

②非麻痺側へのパラシュート反応(閉眼)

  • 0:転倒しないために麻痺側の肩外転、肘伸展しない
  • 1:パラシュート反応が弱い
  • 2:正常なパラシュート反応

③麻痺側へのパラシュート反応(閉眼) 

  • 0:転倒しないために麻痺側の肩外転、肘伸展しない
  • 1:パラシュート反応が弱い
  • 2:正常なパラシュート反応

支持しての立位 

  • 0:支持があっても立てない
  • 1:他の物による多くの支持が必要
  • 2:少なくとも1分間他の物によるわずかな支持で直立して立てる

⑤支持無しでの立位 

  • 0:支持無しでは立つ事ができない
  • 1:1分以内であればまっすぐ立てる。もしくはより長く立てるがふらふらしている
  • 2:1分以上しっかりとしたバランスで立てる

⑥非麻痺側での片脚立位 

  • 0:数秒以上、動揺して立てない
  • 1:4~9秒間バランスよく立てる
  • 2:10秒以上バランスよく立てる

⑦麻痺側での片脚立位 

  • 0:数秒以上、動揺してたてない
  • 1:4~9秒間バランスよく立てる
  • 2:10秒以上バランスよく立てる



体幹機能の維持・改善について

日常生活動作

①寝返り

手や足を組むなど健側の手足で麻痺側を補助して顔、肩、骨盤の順で寝返りができるようにします。

手摺りを引っ張って寝返りをすると体幹の筋力をあまり使わないので、なるべくお腹の力を使って寝返りをして下さい。

②座り方

左右の坐骨に均等に体重をかけ、背すじを伸ばして座るようします。

特に麻痺側の坐骨をしっかり感じて座面に当たる感覚を健側と比べてみて下さい。

③乗り移り

車椅子やトイレに乗り移る際は一度膝を伸ばしてしっかり立ってゆっくり方向転換します。

手摺りを引っ張って反動をつけて乗り移ると足腰の筋肉はあまり使用されません。

自主トレーニング

①お尻上げ

膝立てで寝転んだ状態でお尻、腰、背中の順でゆっくり体を挙げていきます。

降ろすときは背中、腰、お尻の順でお尻から落ちないようにして下さい。

②体の曲げ伸ばし

座った状態で腕を組んで、みぞおちをへこますように体を丸めて10秒保持します。

骨盤は倒さないように上半身だけを後ろに反らし10秒保持します。

③足挙げ

寝転んで膝を伸ばした状態で、麻痺側の踵を床から10㎝程度挙げて10秒保持します。

麻痺側の踵を挙げることが難しい場合は、健側の足で補助するか健側の足で行います。

腰に力が入り過ぎないようにお腹に力が入る感覚を感じて下さい。